道頓堀の由来は人の名前

道頓堀は大阪府大阪市中央区の繁華街名と町名で、この北を流れているのが大阪を代表する川である道頓堀川です。

道頓堀川はかつて物資の輸送に利用されていた運河で、江戸時代は歓楽街や花街でした。

道頓堀川は人工河川で2015年に開削400周年を迎えました。

その名前は開削に関係した人物の名前が由来となり、つけられたそうです。

安土桃山時代に安井道頓(苗字が成安だったという説もあります)という築城家がいました。

豊臣秀吉に仕えていた道頓は、城下町の繁栄にともなう地域周辺の開発を計画します。

道頓の弟・長左衛門、従妹の安井治兵衛、治兵衛の弟・九兵衛、親類の平野藤次、藤次の弟・次郎兵衛らの協力により、道頓は旧梅津川を掘削拡大し新川を開削するべく私財を投じて1612年に工事着手します。

その後、安井治兵衛が病死し、道頓と長左衛門は大阪夏の陣で戦死してしまいますが、安井九兵衛と平野藤次、平野次郎兵衛が工事を引き継ぎ、1615年に新川が完成しました。

当初は「南堀」という名前で呼ばれていましたが、道頓の功績を後世に伝えるために「道頓堀川」と名付けられました。

安井九兵衛は道頓堀川両岸の市街地建設をおこない、道頓堀は歓楽街としてにぎわうようになりました。