2つの地名が合体した駅名

大阪市営地下鉄御堂筋線に「西中島南方」という駅があります。

1964(昭和39)年、梅田―新大阪間が路線延長されたときに開業されました。

地下鉄の駅名には2つの地名を合体させた名称が多く、とくに大阪市営地下鉄の駅名でよく見られますが、このように2つの地名を組み合わせた駅名は西中島南方が全国初といわれています。

2つの町の境界あたりに地下鉄の駅が位置する場合に、両町の名前を組み合わせるケースが多いようです。

当初、阪急「南方」との乗換駅としていたので「南方」の駅名にする予定でしたが、旧自治体名である西成郡西中島町の「西中島」と合体させて「西中島南方」となりました。

その結果、「西」「中」「南」と位置や方角を表す文字が3つも入るという変わった駅名になってしまったのです。

また、阪急の駅は「みなみかた」と清音で読むのに対し、当駅は「にしなかじまみなみがた」と濁音で、当駅の南側にある西中島南方駅前交差点は「にしなかじまみなみかた」の清音読みと、ややこしいです。

大阪市営地下鉄には他にも、谷町線の「四天王寺前夕陽が丘」という「四天王寺前」と「夕陽が丘」の合体した長い駅名や今里線の「新森古市」という「新」と「古」が対称をなす駅名などがあります。