6回も名称を変更した関大前駅

阪急電鉄千里線の「関大前」は、1964(昭和39)年に「花壇町」と「大学前」を統合して設けられた駅です。

この駅は現在の名前になるまでに、日本でもっとも目まぐるしく駅名が変更されたことで知られています。

阪急の前身である北大阪電気鉄道の駅「花壇前」は、1921(大正10)年に開業しました。

花壇前の駅名は、近くの千里山花壇という遊園地にちなんでつけられました。

北大阪鉄道が開設した千里山花壇は四季折々の花を楽しめる場所として人気で、入園者が増え続けたため施設を拡大し大遊園地になり、それに伴って千里山遊園と改名されました。

このとき駅名も「千里山遊園」と改称されます。

千里山遊園は、太平洋戦争に突入すると改名を余儀なくされ「千里山厚生園」となり、駅名も「千里山厚生園」となります。

終戦後に「千里山遊園」の駅名に戻りますが、千里山遊園が閉園したので、駅名は「女子学院前」と改称されます。

千里山遊園の跡地に女子校ができる予定だったことから変更されたのですが、女子高は結局この地につくられなかったので、「花壇町」と改称されました。

そして、隣駅の「大学前」と「花壇町」の駅間が距離にして約400メートルと大変近くかったことから、2つの駅は統合され「関大前」が開業したのです。